小さいうさぎで人気の種類とは?かわいくて飼いやすいのはこの子!

近年では犬や猫と肩を並べる程の人気を誇り、密かにファンも多く集める小動物界のアイドル!それは、うさぎです。

私筆者もそんなうさぎの可愛さに魅了され、過去には2匹のうさぎと一緒に暮らしていたという経験もあります。

一つ一つの仕草がどれも愛おしく、フワフワの毛並みで小さく丸まって寝ている姿に毎日癒されていました♪

また、他の動物とは違って吠えたり鳴いたりする心配も無く、飼育の手間も比較的掛かりくいことからお子様のいるご家庭や、マンション住まいの方など幅広い層に大人気の小動物ペットです。

実はそんな可愛らしいうさぎですが、なんとARBA(アメリカにあるうさぎブリーダー協会)で公認されている品種の数は、49にも及ぶ多くの種類があることをご存知でしたでしょうか?

さらにその個体によっては、成長する大きさの特徴や性格も大きく異なっていきます。

そこで今回は、数多く存在するうさぎの種類を分かりやすくランキング形式にまとめてご紹介いたします!

また、それぞれの詳しい性格や気になるうさぎの値段についても、ご説明していきます。

うさぎの種類!気になる国内人気ランキング

うさぎの中には個性豊かな特徴を持つ、数多くの品種が存在します。

例えば、一般的に”うさぎ”のイメージとして想像される『立ち耳タイプ』や、耳が大きく下に垂れ下がっている『垂れ耳タイプ」のうさぎ。

または被毛が極端に長いタイプの子もいれば、パンダのような珍しい模様を持つタイプの子もいます。

しかし見た目の可愛さも、もちろん重要視するべき大切なポイントではございますが、品種によっては性格が大きく異なることも忘れてはいけません。

例えば、好奇心旺盛でとても活発な性格の子や、人に懐きやすく甘えん坊な性格の子に分かれる品種もございます。

実際に私の飼っていた2匹のうさぎも、立ち耳の子はとてもヤンチャな性格で、垂れ耳の子はとても穏やかな性格をしていました。

ですので、今後うさぎの飼育をお考えの方はあらかじめ、その品種の性格やどんな特徴を持っているかなどをしっかりと把握した上で、ご自身と相性の良いうさぎの種類をお選び頂くことをオススメします。

さぁ!ということでこの章では、うさぎの飼育に初めて挑戦される方でもわかりやすいよう、日本国内で選ばれている人気品種をTOP5でランキング形式にしてご紹介致します!

是非とも、うさぎを家族として迎い入れる際のご参考にして頂けたら幸いです♪

1位 ネザーランドドワーフ

丸い顔と短い耳の幼顔が可愛らしく、うさぎの中で最も体の小さい品種、それがネザーランドドワーフです。

その愛嬌抜群の容姿から国内では、ナンバーワンの人気を集めています。

人に懐きやすい元気な性格で、女性の方から初心者の方までオススメです。

2位 ホーランドロップ

垂れ下がった大きな耳が特徴的で、1位のネザーランドドワーフと同じくらい国内では人気の高い品種です。

基本的に穏やかで甘えん坊な性格の子が多く、抱っこや撫で撫でもあまり嫌がりません。

是非、「たくさんの愛情を注ぎたい!」と考えている飼い主さんにオススメです。

3位 ミニウサギ

大きさや毛色のカラーバリエーションも種類豊富で、お値段も比較的リーズナブルな品種として人気の高いミニウサギ。

幼少期からコミュニケーションを沢山取ることで、人に懐きやすい性格に育ちやすいです。

体が丈夫で怪我や病気にもかかりにくいので、初心者の方にもオススメ。

4位 ライオンラビット

名前の通り、顔まわりに”ライオンのたてがみ”のような長い飾り毛を持つ珍しい品種。

ポーランドロップ同様、とても穏やかでマイペースな性格の子が多いです。

少し気温差に弱いデリケートな一面もございますので、うさぎ飼育の経験がある飼い主の方にオススメです。

5位 ダッチうさぎ

白黒の2トーンカラーにくっきりと分かれた、パンダのような模様が特徴のダッチ。

日本では60年代にダッチうさぎの飼育ブームが巻き起こるなど、古くから日本でも馴染みのある品種です。

性格は穏やかで人に懐きやすい子が多く、初心者の方はもちろんお子様のいるご家庭にもオススメです。

うさぎの種類で小さな品種はどれ?

うさぎの品種の中で、最も小さな種類としてはネザーランドドワーフが有名です。

ピーターラビットのモデルともされていて、古くから世界中で愛される定番人気の品種でもあります。

成熟期を迎えた後でも、他の品種に比べて大きく成長することは無いので、お子様のいるご家庭や一人暮らしの女性の方でも飼いやすいです。

また基本的には人に懐きやすく、甘えん坊な性格の子が多いともされていますが、中にはヤンチャで好奇心旺盛な子も多い品種でもあります。

実際に我が家で飼っていたドワーフの男の子は、とてもヤンチャな性格をしていました(笑)

ストレス解消の為、部屋の中で自由に遊ばせていると、野うさぎのようにスゴイ勢いで遊び周るので最後ケージに戻す時が少し苦戦していましたが、部屋中を興味津々に駆け回り、楽しそうにピョンピョンと飛び跳ねる姿はとても可愛らしいです♬

そして立ち耳タイプのうさぎは、物音に敏感で繊細な性格の子も多い為、ストレスに配慮した飼育環境を整えてあげる必要があります。

ですので、出来るだけ多頭飼いでは無く単体での飼育を前提にお考えの頂く事が望ましいですね。

そしてもう一点、うさぎの種類の中で『ミニウサギ』という定番の品種があります。

名前を聞く限り、体の小さなうさぎをイメージしますが、こちらは成長後の個体差がとても激しい品種の為、購入を考えている方は注意が必要です。

中にはあまり大きく成長しない子もいるようですが、心配な方はドワーフうさぎの品種をお選び頂くのがオススメです。

うさぎの種類~ネザーランドドワーフ~

  • 大きさ:0.9~1.2kg
  • 価格:3~5万

うさぎの中で最も小さな品種として、国内ナンバーワンの人気を誇るのがネザーランドドワーフです。

毛色のカラーバリエーションもうさぎの中では最も多く、顔が丸くて耳の短い愛嬌のあるベビーフェイスが特徴です。

ネザーランドドワーフの性格は?

性格は個体差が大きく、人に懐きやすい子と好奇心旺盛な子の2パターンに分かれる事が多いです。

幼少期の頃から抱っこの習慣を付けたり、コミュニケーションをこまめに取ることで飼い主に懐きやすい性格に成長します。

また繊細で音に敏感な子も多い為、過ごしやすい環境作りを考えて単体飼育がオススメです。

うさぎの種類~ミニウサギ~

  • 大きさ:1~1.5㎏
  • 価格:3000円~1万

ミニウサギとは、名前のイメージから『体の小さなうさぎ』を想像してしまいますが、実は様々な品種がミックスされた混合種(雑種)のことを指します。

そのことから、うさぎの品種の中では最も個体差が大きく、成長する子は重さ3㎏近くまで大きくなる場合もあります。

また体毛の長さや毛色の種類も個体差が大きく、成長していくにつれて毛質の変化や退色をする子も中にはいるのが特徴の一つです。

ミニウサギの性格は?

基本的には性格の穏やかで人に懐きやすい子が多い品種です。

また、立ち耳タイプのミニウサギは聴覚や嗅覚がとても優れている為、おやつを使ってトレーニングを続けることで自分の名前を覚えるようにもなります。

他にも、嬉しい時はピョンピョンと楽しそうに飛び回り、機嫌の悪い時は床を脚で強く蹴るなど、感情豊かな一面もあります。比較的、病気や怪我にもなりにくく、強い体質を持っているので初めての飼育にもオススメです。

うさぎの種類~ホーランドロップ~

  • 大きさ:1.3~2㎏
  • 価格:2~3万

ネザーランドドワーフに次ぐ、国内トップクラスの人気種です。

大きく垂れ下がった長いお耳と、可愛らしいまん丸のお顔は愛嬌抜群で、ずっと撫でていたくなります♪

また、他の品種に比べて成長が遅く、のんびりスクスクと成長していくのが特徴です。

ホーランドロップの性格は?

お耳の垂れ下がったホーランドロップは、立ち耳タイプの品種に比べて聴覚や嗅覚があまり優れてはいません。そのことから、どっしりと構えたマイペースな性格の子が多い印象です。

また、物静かでとても甘えん坊に育つ子も多く、飼い主にべったりな性格の個体もいます。

ちなみに私の飼っていたホーランドロップの女の子も、とても甘えん坊な性格をしていました。

ケージの近くを通りすがると必ず近くに寄って来るなど、一つ一つの仕草が本当に可愛らしいです。

是非「コミュニケーションを沢山楽しみたい!」という方に、オススメのうさぎです。

うさぎについて知っておきたい!種類ごとの値段について

うさぎの中にも様々な品種があり、その価格帯も種類によっては大きく異なります。

また、販売場所やうさぎの年齢によっても金額が大きく異なる場合がございますので、その理由について詳しくご説明していきます!

うさぎの相場価格

まずはうさぎの相場価格についてです。

  • 純血種:3~10万円
  • 混血種(雑種):5千~1万円

うさぎの価格はハムスターなどの小動物ペットに比べると、全体的にやや高めの傾向にあります。

中でも人気のネザーランドドワーフや、珍しい品種のライラックなどは、混血種に比べて高めの金額で販売されることが多いです。

しかし、こちらはあくまでも相場での価格帯になります。

販売元や個体の年齢よっては、大幅に金額が下げられている可能性も考えられます。

これからうさぎの購入を検討されている方は、ペットショップやホームセンターなど、数か所の販売店に直接出向いてから検討されるのが良いかもしれませんね♪

販売場所によって価格が異なる

うさぎの価格は販売場所によっても、大きく異なる場合がございます。

主にうさぎの販売場所としては、以下の3か所が挙げられます。

★うさぎの販売場所

  • ペットショップ
  • ホームセンター
  • うさぎ専門店

どの地域にも必ず店舗があり、身近な販売店としてはペットショップやホームセンターを利用される方が多いです。

また取り扱いは定番の品種をメインにしている所が多く、珍しいうさぎにはなかなか出会えませんが、価格帯も手頃に設定されているので初めてのうさぎ飼育に挑戦される方にはオススメです。

一方うさぎ専門店は、ペットショップやホームセンターに比べて少々割高の傾向にある所が多いようです。

前述2か所に比べると店舗数も少なく、限定地域にのみ配置されている所も多いです。

しかし専門店ということだけあって、うさぎに関するプロ知識のある販売スタッフが常駐している点や、なかなか市場には出回らない珍しい品種に出会える可能性が高いというのも専門店の特徴です。

どの販売店にもそれぞれメリット・デメリットはございますので、是非何か所かのお店に出向いてみてはいかがでしょうか♪

うさぎの年齢によっても価格が異なる

犬や猫と同じように、うさぎも個体の年齢によって販売価格が変動します。

その変化は、年齢が幼ければ幼い程に価格は高くなり、高齢になればなるにつれて価格は安くなるというものです。

生後間もない、幼少期からの飼育をお考えの方にはあまりオススメは出来ません。

ですが、金額重視で購入を検討されている方には、成長してからの飼育がオススメです!

まとめ

今回は、大人気の小動物ペット『うさぎ』について詳しくご紹介していきました。

毛色のカラーバリエーションも豊富な上に、品種によって性格も異なるということで「一体どの子をパートナーに選ぶか…」頭を悩ませてしまいますね。

私筆者の経験からすると、うさぎと密に触れ合いたい方やうさぎの方から甘えて来て欲しい!という方には是非ホーランドロップの品種がオススメです。

本当に性格の穏やかな子が多く、自ら頭を撫でて欲しいと甘えて近寄って来てくれたりもします。

ケージの中でどっしりと体を丸めて寝ている姿も可愛くて、見ているだけで癒し効果は抜群です。

個人的にも、うさぎの中で一番好きな品種になります!

また、今回ご紹介できなかった人気の品種もまだまだ沢山ございます。

是非とも今回の記事で、うさぎについてご興味を持たれた方は色々と調べてみて下さい♪

ご自身の性格に合った可愛らしいうさちゃんと、これから素敵な出会いが待っているかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください