【犬のおすわりの教え方】私が実践したしつけ方を伝授します!

犬のしつけといえば、一番に思い浮かぶのは「おすわり」ではありませんか?

おすわりをさせることは、愛犬と共に生活をするなかで、とても重要なしつけのひとつ。

なぜかといいますと、未然に事故を防ぐことができるからです。

例えば、人に飛び掛かる癖がある愛犬…

リードや首輪を引っ張って「だめ!」と言っても、全く聞いてくれません(^^;;

私の愛犬も、飛び掛かりワンコだったので、とても大変でした。

知らない人が「可愛いねぇ」と近づこうものなら、私は内心ヒヤヒヤです(・_・;

愛犬を、私の足の間に挟んで制圧したまま、撫でてもらうことも(笑)

興奮状態で飛び掛かってしまうと、相手の服を汚したり破いてしまったり…

爪で物をひっかいたり、倒してしまう事もあり得ます。

こんな時「即座におすわりができるようになったら…」と、思いませんか?

犬はおすわりをした瞬間に、落ち着きを取り戻すことができます。

それは犬の突発的な行動を止めるブレーキといっても過言ではありません。

愛犬を守るためにも、今日からおすわりを覚えてもらいましょう!

これから、私が実践したおすわりのしつけ方を伝授いたします。

犬のおすわりのしつけ方

それでは、さっそく実践してみましょう!

準備~手順、ポイントをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね(^O^)

犬におすわりを教える準備

まず、愛犬が集中できる環境を整えることです。

窓やドアを閉めたり、テレビを消して、静かな場所が良いですね。

次に、ご褒美のための、おやつを用意しておきます。

実のところ、犬はおやつの大きさではなく、貰える回数が多いことの方が喜ぶのです♪

愛犬の肥満防止も兼ねて、小さくしたおやつを、すぐに取り出せる状態にしておきましょう。

犬におすわりを教える練習とポイント

手順としては、とても簡単です。

★おすわりの手順

  1. おやつを愛犬の鼻先にもっていき、ニオイをかがせる
  2. おやつを持っている手をそのまま真上に動かす
  3. 愛犬の顔が、おやつにつられて上を向くと、自然とおしりが床につく
  4. おしりが床についた瞬間に「おすわり」と指示語を出し、おやつを与えて褒める

もし愛犬が上を向いたときに、お尻がつきそうになかったら、腰のあたりを少しだけ下に押してあげると、お尻がつきます。

この手順を何度も何度も繰り返すことによって、床にお尻をつけること=おすわりと覚えていくのです。

ここでの大事なポイントは、必ず指示語を統一すること。

なぜなら、色んな指示語を出されると、愛犬が混乱してしまうからです。

我が家では、小さい子供でも言いやすいように「おすわり」にしています。

ちなみに娘が2歳頃の「おちゅわり!」でも、愛犬はちゃんと従いました(笑)

「おすわり」「スワレ」「sit」などがありますので、家族みんなで話して、言いやすいもので統一してください。

犬におすわりを教えるハンドサイン

指示語を覚えられるようになったら、ハンドサインも一緒に使います。

ハンドサインとは手の動きや、指の形により合図のことです。

★ハンドサインの効果

  • 指示語=聴覚に訴える
  • ハンドサイン=視覚に訴える

ハンドサインも使うことによって、ダブルで訴えることができて効果抜群なのです!

そしてハンドサインを覚えると、指示語を出さずにおすわりさせることもできます。

…と言いますのも、私がよくハンドサインを出すのは電話中。

電話していると、愛犬がかまってほしいのか、よく吠えるんです。

そんなときに、ピシッとハンドサインを出すと、吠えるのを止めておすわりして待っています。

こんな風に「おすわり」など、指示語を出せない時にとても便利です。

おまけに、愛犬がハンドサインをじーっと見つめることによって、集中力もアップ!

おすわりのハンドサインには「人差し指を立てる」「手のひらを上にあげる」などがあります。

ハンドサインも指示語と同じように、家族みんなで統一することが大切です。

犬のおすわりの練習はいつから?

仔犬でも成犬でも、まだおすわりを覚えてないなら、今日からでも始めてみましょう!

私の愛犬は、生後2ヶ月からトレーニング開始しました。

ですが、生後2ヶ月に与えられる市販のおやつがなく、フードもふやかし時期…

ご褒美は「最高の笑顔と褒め言葉」で勘弁してもらいました(笑)

できる日もあれば、うまくできない日もあります。

でも焦らずに、長い目でみてあげてください。

どんな犬でも必ずできるようになりますから、大丈夫です!

犬がおすわりの練習をしない時の対処法

こんな時はありませんか?

トレーニングの最中、いきなり愛犬がふらーっとどこかへ…

ぽつんと残った私…

「私だけがやる気満々じゃん!」と、空回りしてしまうことも(泣)

そんな時は、ご褒美のおやつをおもちゃに変えてみましょう!

りー
りー
おもちゃで遊びたいなぁ

手順は、おやつの場合と同じです。

おすわりができたら、遊ぶ→少し遊んだら、またおすわり

の、繰り返しです。

おもちゃでもダメな場合は、それは集中力切れだと考えられます。

犬の集中力は15分程度です。

休憩させて、また明日トレーニングしましょう!

犬におすわりを教えていると、背中を向けるのはなぜ?

犬が背中を向けるのは、カーミングシグナルのひとつです。

カーミングシグナルとは、犬が生まれつきもつコミュニケーション方法。

簡単にいうと、ストレスのサインだと考えられています。

ですので、トレーニング中に愛犬が背中を向けるのは「落ち着いてほしい!」と私たちに訴えているということなのです。

なかなか思うようにしてくれなかったりすると、ついイライラすることも‥。

りー
りー
怖いよ~

気持ちに余裕がないときは少し休憩することで、お互いゆったりとした気持ちでトレーニングできるよう心がけましょう。

まとめ

事故防止の観点からも、お散歩中や公園など、色々な環境でトレーニングを続けることが大切です。

また、犬のしつけは、愛犬と飼い主の間に、信頼関係を築くこともできます。

おすわりができるようになると、その他のしつけもしやすくなるのです。

いつでも、どんな場所でもおすわりができるように、しっかり練習しましょう!

いち
いち
この記事を書いたのは僕だよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください